a0130576_22253140.jpg

相模原の事件についておもったこと②
被害にあわれた方のご冥福を心からお祈りいたします。

今日は、加害者のこと。

容疑者が逮捕されているが、容疑者の措置入院解除の判断の是非が問われていること、大麻の陽性反応が出たということが大きく報道されている。

措置入院というのは、「精神的な病気の症状があって、なおかつ、自傷他害の恐れがあると判断された人が強制的に入院できる方法」のこと。
それは精神保健福祉法という法律で決められている。
私が今回の事件の報道でとても気になっているのは、危ない思想、考えを持った今回の容疑者はもっと長く措置入院させられなかったのか。という議論である。
この措置入院に必要なのは、「精神的な病気の症状があること」。『精神症状ゆえに』自分や他人を傷つける恐れがあるから強制的な入院が必要ということ。危ない思想や考えを持っていても捕まえることや措置入院はできない。入院しても自分や他人を傷つける可能性がなくなれば退院できる。日本は法治国家なので、それは当然のこと。

私は以前、東京都の精神救急医療情報センターというところで働いてた。
そこは、夜間や休日に精神科の救急の入院を扱うところで東京都下全ての精神科の強制入院である医療保護入院の情報が集まるところだった。同じフロアの隣のブースには、今回話題となっている措置入院の情報が集まる場所があった。
精神科の強制入院には大きくわけて、措置入院と医療保護入院の2つ(細かくはもう少しわかれる)。この違いは精神的な病気の症状があり、自分や他人を傷つける可能性があるのが、措置入院。精神的な病気の症状があり、自分や他人を傷つける可能性がないのは、家族の同意を得て医療保護入院となる。

そのセンターで家族や本人、警察、本人の周りの人からの電話をとって状況を聞き、医師に相談をする。電話をとる状況から、これは入院できたらどんなにいいかと思うことはしばしばあった。しかし、全ての入院ができるわけではない。「強制入院が不法な入院にならないように。たとえ、強制的な入院であってももちろん本人の人権が守られるように精神的な病気の症状があるかないか」を検証しながら様々な人が様々な立場(医師、看護師、心理士、ソーシャルワーカー、警察など。もちろん最終決定は医師が行う)から考え判断している。

だけれど、テレビをつけるとなぜ退院させたのか、もっと監視しておけなかったのか。それと、大麻の陽性反応がでたことについての報道も、だから、こんな危ないことをしたんだという浅はかな議論。それなら、大麻が合法の場所では犯罪ばかりが起こってしまうはずなのに。すべて簡単にそこがこの事件のそもそもの問題だったと言わんばかりの報道。
もちろん、退院に不備がなかったのかはきちんと検証しなければならない。たくさんの人が犠牲になったのであるから。

でも容疑者がなぜそんな考えに至ったのか。どんな背景があったのか。どうして、障害者施設で働くことになったのか。どうして、ヒトラーの考えが降りてきたのか。どうして降りてきた考えをそのまま実行するにいたってしまったのか。

それをもっともっと考えていく必要があると思う。

精神障害を持つ人、薬物をする人がすべて危険な思想や考えを持つわけではない。多くは、犯罪は起こさない。全ての事件の検挙数の精神障害数割合は全体の約1%である。
精神的に病気の症状があるかないか、それが自分や他人を傷つける可能性があるかないか。ということが重要なのである。

こうやって凶悪事件がおこると犯人の異常性があたかも精神症状があったからだと報道は大きく取り上げる傾向にある。
自分と同じような人がこういった凶悪事件を起こしたとは思いたくないからだ。遠くの自分とは関係ない自分には理解できない人がひどい事件をおこした。精神病の人が起こした事件だと、考えることをやめてしまいたくなる。それほどこわいと感じるからだ。

この事件は、被害にあった知的障害を持つ人への偏見、そして、加害者の精神症状が取りざたされることで精神障害を持つ人へも大きく偏見を持たれる事件となってしまったと思う。

障害を持つ人の施設で働いたり、精神科の救急のセンターで働いていた私は、この事件についていまだ全く「わからない」というのが今の思い。
こうだからだ。これが原因だからだ。と今の段階で、決めてしまいたくなるけれど、まだまだ情報がなさすぎて、そして、いろんな要素が絡みすぎていてすぐにわかる話ではないと思う。
いまは、まだ「わからない」でいいんじゃないかなと思う。だからこそ、注意深く考えなくちゃいけないし、知っていかなくてはいけないと思うことができるからだ。
だんだん、報道も減ってきているのも気になる今日この頃。

長く読んでくださりありがとうございました。
[PR]
by wakuru | 2016-07-30 22:19 | 思うこと

a0130576_22173680.jpg


相模原の事件についておもったこと

被害にあわれた方に心からご冥福をお祈りいたします。

相模原の障害者施設で起こってしまった殺傷事件。ほんとに痛ましい事件だった。

以前、私が障害を持つ人の施設や、措置入院や医療保護入院という精神科の入院に関わる精神科の救急センターで働いていたことから、報道の仕方について思った2つのことを書いてみようと思う。

長くなるので、今日は1つめのことだけ。

今回の事件で殺されてしまった人と怪我をしてしまった人の名前は公表されていない。
神奈川県警が「施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と公表しないことにしたとのこと。
他の事件であれば、被害者の名前は公表される。
どんな人たちだったのか。何が好きで、普段は何をして、どんな暮らしをしていたのか。
もちろん被害者のプライバシーに関わることなので、慎重に扱われるべきだけれど、この報道だと、とても遠くで起きているものだと感じてしまう。閉鎖された障害者の入所施設で起こってしまった自分とは関係ない事件。と。
コミュニケーションが難しい人もいたと報道されると、ますます、その人たちがどんな人たちだったのか、想像すらしづらい。
言葉でのコミュニケーションが難しくても何かしらの意思表示が表情や態度など、そういったことからもコミュニケーションははかれる。

たとえ、名前の公表が難しかったとしても、どんな人たちだったのか、どんなことをしていたのか、どんなことが好きで、どうやっていままで施設で暮らしてきたのか。
障害者19人殺傷。26人怪我。だけでは、自分ごとになりにくい。
怖い事件であればあるほど、自分とは関係ない遠いところで起こったと思いたい。

施設の中にはたくさんの魅力ある利用者がいる。障害を持っているとひとくくりにはできない様々な人たち。障害がなくても、いろんな人がいるのと同じように。せめて、そんなことに思いを馳せれることがこの事件を考える時に大事なことと思う。
[PR]
by wakuru | 2016-07-30 22:17 | 思うこと

a0130576_12055694.jpg

脳がADHD新聞(※以下に詳細)を手にとってくださっている方ありがとうございます。
おかげさまで脳がADHD新聞もVol.4まで発行することができています。
最近は、脳がADHD新聞を読んでみたいという方が増え、現在1号につき200部印刷をしております。(なくなり次第増刷しています)
Vol.4よりさらなる内容充実を考え、広告掲載をお願いしております。
広告は、個人のこと、お仕事のこと、活動のこと、お店のこと、言いたいことなど内容はなんでも構いません。
掲載料は、1号分は500円、2号分は900円、3号分は1300円となっております。
サイズは縦4cm✖️横7cmです。
データ原稿をお願いしています。
掲載号につきまして、お礼で5〜10部(ご希望にて)お渡しいたします。
ご希望の方はご連絡ください。

info★wakuru.net(★を@にかえてください)
〒786−0511
高知県高岡郡四万十町昭和650
カゴノオト
080−8730−9038

※脳がADHD新聞とは
小清水緑が発行している脳がADHDについて書いている新聞のこと
[PR]
by wakuru | 2016-07-22 11:59 | 脳がADHD新聞

大相撲名古屋場所。盛り上がっています。
今場所も大関稀勢の里の綱取りが大注目。今場所こそ!!

さて。そんな中、第39代横綱前田山英五郎の生誕の地へ行ってきました。前田山が八幡浜出身というのは知っていたのですが、まさか生誕の地がちゃんと残っていたとは!!
a0130576_153328.jpg


前田山というのは愛媛県八幡浜出身の戦前、戦中、戦後に活躍した力士です。

破天荒な性格で、いろんなところで揉め事をおこすというお相撲さんでした。
十両までは故郷の名から佐田岬を名乗っていました。

十両時代、腕の怪我から細菌が入り、腕を切断しなければならないかもしれないという失意の底にいた時、前田さんというドクターが手術をして奇跡的に回復したことから前田さんの名前をとって「前田山」に改名。

それから強くなって横綱まで登りつめました。
a0130576_15334236.jpg


しかし、横綱在位中、体調をこわして場所を休場中に日米野球を見に行ったことがバレ、引退を迫られてしまいます。

引退後は親方となり後進の指導にあたりました。

その日米野球を見に行ったことでアメリカとの交流が生まれており、親方になってから力士を連れてアメリカへ遠征に行った際、体の大きなジェシーを見つけ、お相撲に勧誘しました。
それが日本初の外国人関取となったのちの高見山です。(若い人は知らないと思いますが、2倍2倍というCMで人気でした。)

いまや、アメリカだけでなく、モンゴル、ブラジル、ブルガリア、エジプト、中国など国際色豊かな現在の相撲界への道を切り開いたのがこの前田山というお相撲さんのお陰だったのでした。
a0130576_15342492.jpg

[PR]
by wakuru | 2016-07-19 15:35 | 思うこと

不思議なクニの憲法

a0130576_00322958.jpg

先日、不思議なクニの憲法という映画を観ました。
いま、日本は、ほんとにまずいことになっているけれど、政治が問題なんじゃなくて、それに気づかない国民が問題という映画冒頭の言葉。

上映会後に一緒に観た人と話をしたけれど、私は自分の意見をきちんと伝えるという力が弱すぎると心の底から思いました。

自分に心地よい(自分の意見に近い)情報を仕入れて、聴いたり観たりするけど、そうしている間は、「そうそう」と共感し、インプットばかりしてしまう。

そして、自分と意見の違う人だろうと感じたら、話すことを避けています。話した後の気まずい空気にダメージをうけるから。

まとまってなくても、意見が違っていてもアウトプットして表明していかないとはじまらないな。と。

批判せず、違いを認めつつ、ダメージを与えず、ダメージを受けない。


この映画。機会があったらぜひ観てください。
一つの意見で進んでいかない映画です。


http://fushigina.jp
[PR]
by wakuru | 2016-07-07 00:30