a0130576_20361352.jpg

ついに脳がADHD新聞Vol.5号完成しました。
今日からカゴノオト店頭に置いています。
今回のテーマは、
・今まで脳がADHD新聞を発行してきて言われたこと
・ADHDの得意分野マルチタスク。これが実は脳に悪影響?
・相模原障害者施設の事件とADHD新聞
などです。
けっこう書き込みましたね。今回は。
ぜひぜひ手に取ってください。
カゴノオトいらしてくださった方には、お渡ししています。
郵送ご希望の方は
Vol.5のみ希望のかたは82円切手貼った返信用封筒同封の上
Vol.1〜Vol.5までご希望の方は92円切手貼った返信用封筒同封の上
〒786-0511 高知県高岡郡四万十町昭和650カゴノオト
までお送りくださいませ。
脳がADHD新聞お届けいたします。
※脳がADHD新聞とは・・・
きっと私がそうであろう発達障害のひとつであるADHDを楽しく理解してもらおうと作っている新聞。
[PR]
by wakuru | 2016-08-24 20:34 | 脳がADHD新聞

a0130576_12055694.jpg

脳がADHD新聞(※以下に詳細)を手にとってくださっている方ありがとうございます。
おかげさまで脳がADHD新聞もVol.4まで発行することができています。
最近は、脳がADHD新聞を読んでみたいという方が増え、現在1号につき200部印刷をしております。(なくなり次第増刷しています)
Vol.4よりさらなる内容充実を考え、広告掲載をお願いしております。
広告は、個人のこと、お仕事のこと、活動のこと、お店のこと、言いたいことなど内容はなんでも構いません。
掲載料は、1号分は500円、2号分は900円、3号分は1300円となっております。
サイズは縦4cm✖️横7cmです。
データ原稿をお願いしています。
掲載号につきまして、お礼で5〜10部(ご希望にて)お渡しいたします。
ご希望の方はご連絡ください。

info★wakuru.net(★を@にかえてください)
〒786−0511
高知県高岡郡四万十町昭和650
カゴノオト
080−8730−9038

※脳がADHD新聞とは
小清水緑が発行している脳がADHDについて書いている新聞のこと
[PR]
by wakuru | 2016-07-22 11:59 | 脳がADHD新聞

脳がADHD新聞Vol.4出来てます。
最近、ある方が脳がADHD新聞の記事をあげてくださったこともあってたくさんお問い合わせをいただきました。

そんなわけで、ここでも改めて投稿します。

脳がADHDだからいろんな困ったことや、おもしろいことがたくさん起こる。自分のことをたくさん書いています。

そんなことからADHDのことをわかってもらえると楽しいなと思って作り始めました。


ちなみにADHDとは。。
脳の発達障害で、不注意、多動性、衝動性を伴うのが特徴。そして、いい特徴は、活動的、想像力豊か、おもしろい!両方あわせ持ってることが多いです。


ご希望の方には脳がADHD新聞Vol.1〜Vol.4までお送りしています。
92円切手貼っていただいた返信用封筒同封の上
〒786-0511 高知県高岡郡四万十町昭和650カゴノオトまで送って下さい。
お送りいたします。


また、この脳がADHD新聞は、販売はせず、お配りしています。
そのため、ご協力いただける方に広告掲載もお願いしています。
1号につき500円〜。広告は、個人のこと、活動のこと、お仕事のこと。どんなことでも構いません。(万が一内容によっては、お断りすることもあるかもしれません。。でも、ほとんどないです!)
ご協力いただける方はご連絡下さ〜い!

a0130576_22364290.jpg


[PR]
by wakuru | 2016-02-22 22:36 | 脳がADHD新聞

先日、テレビ高知が取材に来てくれました。
私が作った【わくる】冊子を秋ころに高知新聞が取り上げてくれた記事を見て連絡をくれて取材となりました。


東京から四万十へ引っ越してきたこと、お店やってること、お菓子作ってるなどの他に、最近、私が制作中の脳がADHD新聞を発行していることなどを取材してもらいました。
実際、自分の脳が多分ADHDだってことは、いろんな場所で話してきたり、新聞発行したりとわりあい抵抗もなく、言ってきたのですが、テレビ取材となるとちょっとどうしようかな・・。と迷いもありました。
ここはめちゃくちゃ田舎だし、ADHDや発達障害というものへの理解も薄く誤解も生むかもしれない。
発達障害という言葉だけが一人歩きしていくと・・。
「カゴノオトのあの人、頭おかしいんだってさ・・・」と言われるか・・?


というわけで、取材に来られたアナウンサーの竹村さんと相談して「脳がADHD新聞を発行している小清水さん」ということで、自分の脳がADHDだということには敢えて触れず取材をしてもらうことにしました。


アナウンサーの竹村さん「この脳がADHD新聞は何のために発行しているのですか?」
小清水「・・・・。発達障害の人がおもしろいからその魅力をわかってほしいし・・・。」


と、うまく答えられません。
撮ってもらってしばらく考えていたのだけど、果たして私は何のために発行しているのか。
それは新聞を発行して読んでもらうことで「自分が生きやすくなるため」。
なのに、それを話さなければ、何の意味もなく、通り一遍のお話になるじゃないかと・・・。


しばらく考えて、思い直し、覚悟を決めてもう一度、その部分だけ撮り直してもらえないかお願いしました。
カメラの方、音声の方、アナウンサーの方みなさんに迷惑をかけつつ、2回目の撮影。


アナウンサー竹村さん「これはどうして発行しているのですか?」
小清水「自分は脳がADHDだと思うんですよね。それで、困ったこともあるけど、おもしろいこともたくさんあって、それをわかってもらいたいから作ることにしたんです」


すっきりー。よかったー。田舎だからほんとにいろんな目が気になっているけど、もうどっちみち普通っぽく暮らせてないし、おかしいんだし。誰にでも話しちゃえばいいし。


少し大人になった瞬間でした。


そんなテレビ高知の番組はイブニング高知という番組の「ひとナビ」というコーナーだそうです。
放送は2月中の予定です。決まり次第またお知らせします。

放送は、2月3日(水)18時15分〜でした。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
引き続きわくる冊子販売もしております。
500円+税
お問い合わせは
info@wakuru.netまで
カゴノオトでも取り扱っています。

ご希望の方には脳がADHD新聞Vol.1〜Vol.4までお送りしています。
92円切手貼っていただいた返信用封筒同封の上
〒786-0511 高知県高岡郡四万十町昭和650カゴノオトまで送って下さい。
お送りいたします。


また、この脳がADHD新聞は、販売はせず、お配りしています。
そのため、ご協力いただける方に広告掲載もお願いしています。
1号につき500円〜。広告は、個人のこと、活動のこと、お仕事のこと。どんなことでも構いません。(万が一内容によっては、お断りすることもあるかもしれません。。でも、ほとんどないです!)
ご協力いただける方はご連絡下さ〜い!


a0130576_23044399.jpg

a0130576_23044313.jpg

a0130576_23044379.jpg


[PR]
by wakuru | 2016-01-27 23:03 | 脳がADHD新聞

脳がADHD新聞Vo.2

ただいまADHD新聞Vol.4の制作に取り掛かっています。今回から紙を変えていこうと思っています。
これは以前発行のvol.2の記事。遅くなりましたがUPします。

ーADHDだからできることー

私は、常にいろんなことを同時進行させている。(させられている。)その状態が脳の栄養源となるからだ。
東京に住んでいた時も精神障害を持つ人の施設で常勤で働きながら、東京都の精神救急センターで働き、週に1度は、自分のカフェ【わくる】を展開する。さらに、通信で学校に通い資格をとる。
日々がものすごく忙しいのだけれど、どれも辞めることができない。
自分で振り返りながら書いていてもクラクラする生活だが、どうもこうなってしまう。
ただ、こういう脳を持っているからこそ、いろんなことをはじめられ、新たな一歩を踏み出していかれるのだろうと思う。
今、この四万十に住んで、「どうして移住してきたんですか?」と聞かれることが良くある。「やりたいことをクリアにするため」「地に足つく暮らしをしたいから」などいろいろ答えているが、このどれもは脳がADHDだからという背景が大きく影響している。ADHDだということは、とても刺激的な日々を送れるというメリットもあるのだ。

脳がADHD新聞のバックナンバーあります。
詳細は下記にて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発売中
わくるー暮らし方と働き方ー
小清水緑
500円+税
ご注文&お問い合わせ
info@wakuru.net

脳がADHD新聞バックナンバー
ご希望の方はバックナンバー希望とお書き添えの上、返信用封筒(要切手)同封して
〒786-0511 高知県高岡郡四万十町昭和650
カゴノオト宛
までお送りください。こちらから送付いたします。

a0130576_16134832.jpg


[PR]
by wakuru | 2016-01-04 16:11 | 脳がADHD新聞

もしかして、私も?
もしかして、うちの子も?
~発達障害をでこぼこLOVEから考える~

9月21日にカゴノオトで開催しました。

ゲスト 溝口つばさ(臨床心理士・スクールカウンセラー・つばさカフェ店主)

聞き手 小清水緑(社会福祉士・精神保健福祉士・脳がADHD新聞発行人・カゴノオト)

発達障害をテーマにゲスト溝口つばささんに仕事を通しての体験や自らの経験もふまえてお話をしていただきました。
脳がADHD新聞を発行する小清水緑の経験も少しだけお話しつつ、参加者のみなさんもまじえてフリートークでした。

つばささんが小さい時、学校に行かれなかった時に助けてくれた先生との出会い。それが、いまのお仕事につながっているというご自身のお話。

ご両親がはじめてお子さんが発達障害があると知った時の衝撃は、「健康な子供を失ったという瞬間に値してとてもショックを受けるものだ」と。
だけれども、発達障害があることで、魅力あることもたくさんあり、その個性をのばしていけるようにしていけたらいいと思っているというお話もしていました。

みなさんの質問にどれも丁寧に優しく答えてくださるつばささんでした。

こういう企画またできたらいいです。

a0130576_10051046.jpg

a0130576_10094299.jpg




[PR]
by wakuru | 2015-09-29 09:51 | 脳がADHD新聞

発達障害のことを考える企画をします!
もしかして、私も?
もしかして、うちの子も?
~発達障害をでこぼこLOVEから考える~
ゲスト 溝口つばさ氏(臨床心理士・スクールカウンセラー・つばさカフェ店主)
聞き手 小清水緑(社会福祉士・精神保健福祉士・脳がADHD新聞発行人・カゴノオト)
発達障害をテーマにゲスト溝口つばささんに仕事を通しての体験や自らの経験もふまえてお話をしていただきます。
後半は脳がADHD新聞を発行する小清水緑の経験も少しだけお話しつつ、参加者のみなさんもまじえてフリートークにしていきます。
日時:9月21日(月・祝)16時~18時
参加費:500円
場所:カゴノオト 四万十町昭和650
   080-8730-9038(カゴノオト)
予約:事前準備のためご予約いただけるとありがたいです。
a0130576_21412047.jpg


[PR]
by wakuru | 2015-09-18 21:38 | 脳がADHD新聞

脳がADHD新聞

ずいぶん更新していませんでした。
脳がADHD新聞ていうものを作ってみました。ただいま、vol.2まで発行中です。
少しずつ、載せていこうと思います。


【脳がADHD新聞 創刊号】

私ってADHDだ!

私は、精神障害を持つ人の施設で長年働いていました。
ある日、職員研修で発達障害ADHDのDVDを見ていました。
そこには、「約束の時間を守れない」「やっていることがあっても何か刺激があると、そっちに気を取られやっていることを忘れてしまう」男の人が映っていました。
それを見た瞬間、私はADHDなんじゃないかと(!)思ったのです。
早速、ADHDのことを調べ、ADHDチェックリストにあてはめてみたところ高得点。これは間違いないと確信したのです。
小さい頃から学校に間に合わず、大人になっても仕事に間に合わず、いつも遅刻していました。
そのことが、いつも私を苦しめていました。
私は物事に対してわりとまじめに向き合って真摯に対処する方です。もちろん遅刻はいけないし、したくもないと、いつも思って反省するのに、時間通りに行くことがどうしてもできないのです。
そのことは一種、違和感さえ持っていました。
しかし、このDVDを見たことによっていろいろ今までの人生に起きてきたことが心の奥底から腑に落ちたのです。
そして、とっても安心しました。
今まで、自分のせいでできないと思っていたことが、脳のせいでできなかったんだと。
それからは自分のADHDのことやADHDとはということををいろんな人に話すようにしたのです。

ご希望の方はVol.1 Vol.2を送付します。
返信用封筒(要80円切手)同封で以下の住所までお送り下さい。
〒7860511高知県高岡郡四万十町昭和650カゴノオト

a0130576_8443397.jpg

[PR]
by wakuru | 2015-07-22 08:33 | 脳がADHD新聞